飛鳥山動物病院 徒然日記

今秋開院する、飛鳥山動物病院のブログです。

スタッフミーティング!(17.10/15)

開院1ヶ月前!今日もスタッフミーティングを実施しました!

f:id:ujk_vet:20171015223412j:plain

獣医師/代表:川口

動物看護師/犬と猫のリハビリスタッフ:佐藤

動物看護師/トリマー:堀井

動物看護助手/トリマー:三浦

 

この4名でスタートいたします!

飼い主様のお役立ちになれるよう、努めていく所存です。

どうかよろしくお願いいたします!

 

飛鳥山動物病院

代表 川口 悠爾

マダニウイルスについて(17.10/13更新)

f:id:ujk_vet:20170729072833j:plain

 

【マダニウイルスについて】

 

2017年7月、TVニュースでショッキングな情報が公開されました。

「野良猫に噛まれた女性が、マダニウイルスにより死亡した」という内容です。

マダニウイルス 動物から初の感染例か 50代女性死亡 | NHKニュース

 加えて、同年10月にも、マダニウイルス感染のニュースが報じられました。

マダニ媒介ウイルス ペットの犬から人に感染 国内で初 | NHKニュース

 

重症熱性血小板減少症候群( SFTS)を起こすウイルス、

通称「マダニウイルス」は、人が感染すると重症化し、

命を落とすこともある怖い病気です。

2013年1月に始めて国内で感染報告がされて以降、

2017年7月までに266人が発症し、57人の方が亡くなっています。

 

今まで、SFTSウイルスは「マダニに咬まれて感染する」とされていました。

しかし、今回のニュース情報によれば

「野良猫に咬まれて感染」「ペットの犬から感染」したかもしれないのです。

 

このようなニュースが流れれば、

みなさん、不安になると思います。

「今、家の猫に咬まれたら、命に関わるのだろうか?」

「ペットと暮らすと危険なのかしら?」と。

 

この疾患についての詳しい情報を、厚生労働省がQ&Aにまとめてくれています。

インターネット・TV番組の情報も、一部が錯綜しパニックの様相で、

「ペットの餌やりすら危険」などと報道している状態です。

 

詳細については、まずは下記厚生労働局URLにアクセスし、

ご自身で一度確認されることをおすすめいたします。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

 

上記2017年10/13現在の、厚生労働局の情報をまとめると…

①「感染動物の体液に直接触れれば、マダニを介さず、人へ感染するかもしれない」

②「しかし、元気な動物・屋内飼育動物から感染することは、まずない」

③「感染動物から、本当に人へ伝染するのか不明 (違うかもしれない)」

とされています。

 

今年10月の厚生労働局の発表も

「飼い主にマダニに咬まれた痕跡が見つけられないので、

 きっとペットから感染したはず」という判断であり、

では、どうやって感染したのか?

そもそも、ウイルスが飼い主と犬から分離同定されたのか?

などの情報は、明らかにされていません。

 

もし、マダニウイルスの対策について、すこしでもご不安・ご心配な点があれば、

まずは、お近くの動物病院の先生にご相談なさってください。

 

SFTS感染に関して、情報も日々新しく更新されています。

引き続き、常に新しい情報に気を配るとともに、

皆様が不要なパニックに陥らないで済むよう、適切な情報発信を努めてまいります。

 

念のため、お外にでる動物さんには、マダニ対策をおすすめいたします。

マダニの対策方法についても、ご来院の際にスタッフまでお問い合わせください。

 

また、詳しい情報が入り次第更新いたします。

獣医師 川口

ただいま建築進行中です!(17.10/13更新)

Office DBさんのデザインしてくれた動物病院、現在建築進行中です!
(その様子を随時UPしていきます!)

10/13、内部の塗装が進んでおります。

<建物外観>

f:id:ujk_vet:20170910215751j:plain

2017.9/10 まだまだ「がらんどう」ですね。

f:id:ujk_vet:20170915150030j:plain

2017.9/15 職人さんの施工が始まりました!

f:id:ujk_vet:20171013234825j:plain

2017.10/13玄関フレームほぼ完成!あとは看板設置待ちです!

まだまだつづきます!

 

f:id:ujk_vet:20170915150215j:plain

2017/9/15 建築開始!職人さんが現場にフレームをつけてくれています!

f:id:ujk_vet:20170923003642j:plain

2017.9/22 だいぶ室内の間取りが見えてきました!

f:id:ujk_vet:20171006140140j:plain

2017.10/6 外枠が完成しました!(しかし中が見えません…)

次は開院日直前にブルーシートを外します!

 

<建物内部>

①待合室

f:id:ujk_vet:20171006142257j:plain

17.9/22 まだ木製フレームのみの内観です

f:id:ujk_vet:20171006140339j:plain

2017.10/6 だいぶ形になってきました。待合室は想像以上に広いです!

つづきます!

 

②第一診察室&トリミング室

f:id:ujk_vet:20171006140643j:plain

2017.10/6 左が第1診察室(開放型)、右がトリミング室…まだわからないですね。

f:id:ujk_vet:20171013235506j:plain

2017.10/13 院内の塗装が始まりました!

つづきます!

 

③第二診察室

f:id:ujk_vet:20171006142515j:plain

17.9/22 この段階だと、またどこが何かわからないですね。

f:id:ujk_vet:20171006140928j:plain

2017.10/6 壁ができてきました!

f:id:ujk_vet:20171014000044j:plain

f:id:ujk_vet:20171014000436j:plain

2017.10/13 院内の塗装が進んでおります!

つづきます!

 

④処置室/調剤室

f:id:ujk_vet:20171006141200j:plain

2017.10/6 こちらはバックヤード側から見た景色です。意外と広々しています。

f:id:ujk_vet:20171013235810j:plain

2017.10/13 バックヤードの塗装が終わったようです。美しいです。

つづきます!

 

⑤手術室

f:id:ujk_vet:20171006141426j:plain

2017.10/6 手術室も着々と工事が進んでいます。今日は天井張りだそうです。

つづきます!

飛鳥山動物病院ブログへようこそ!

飛鳥山動物病院ブログへのアクセス、ありがとうございます!

 

f:id:ujk_vet:20170928205936j:plain

記事コンテンツが多くなり、

検索機能のないスマホビューワーでは閲覧しづらくなりましたので

トップにカテゴリー案内を載せることにしました。

ご参考ください。

 

飛鳥山動物病院について知りたい>

飛鳥山動物病院のご紹介 (17.9/22更新)

<病院の代表ってどんな人なの?>

開業のご挨拶 (代表 川口)

<建築中の病院施設が気になる>

開業ブログの記事一覧

<文献紹介>

文献紹介の記事一覧

<その他>

当院の取り組み

セミナー参加報告

研修参加報告

課外授業

虹の橋

徒然

 

それでは、どうぞ引き続き「飛鳥山動物病院ブログ」をよろしくお願いいたします。

代表 川口 悠爾

病院マーク!

病院の設計とトータルデザインをお願いしている

オフィスDBさんに、病院のロゴマークを作成してもらいました!

 

f:id:ujk_vet:20170927142434j:plain

f:id:ujk_vet:20170927142505j:plain

f:id:ujk_vet:20170927142532j:plain

この地域の、緑と優しさあふれる雰囲気をイメージしていただきました。

すてきなデザインです!

 

このマークのもと、地域の皆様のお役立ちになれるよう

努めていきたいと思います。

どうか、よろしくお願いいたします。

 

飛鳥山動物病院 代表

川口 悠爾

広告を非表示にする

研修参加報告(埼玉動物医療センター)

本日も、勤務動物病院のご配慮により、

2次診療施設で研修させていただきました。

研修先:埼玉動物医療センター(入間)

指導教官:石川先生(同センター副院長 / 総合診療科主任)

f:id:ujk_vet:20170926225102j:plain

今日は診療の合間に、

石川副院長から「このようなケースはどう推論する?」といった内容で

個別症例討論をしていただきました。

(石川先生の実体験をもとに、架空の症例を診察するかのように討論します。)

 

◯◎◯◎を訴えて来院し、

検査情報では◯◎◯◎が認められた場合、

どのような疾患の可能性があるのか?

その場合にご家族に提案する治療法は何があるのか?

その根拠は?

 

「総合診療医ドクターG」というテレビ番組をご存知でしょうか?

クイズ形式で、若い研修医たちがベテランからだされる症例に対応するのですが、

まさにあのような研修です!

充実しています!

 

明日以降の診療に役立てていきたいと思います。

 

獣医師 川口 悠爾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛鳥山動物病院のご紹介 (17.9/22更新)

f:id:ujk_vet:20170927142532j:plain

明日の笑顔を守る場所、飛鳥山動物病院

 

当院は、現在2017年11月の開院をめざして、鋭意準備中です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

下記に、当院についての情報をまとめました。

もしよろしければ、ご閲覧ください。

 

f:id:ujk_vet:20170823211015j:plain

 

 <ごあいさつ> http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2015/04/02/000000_1

 

<代表の自己紹介> http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2017/06/16/000000

 

<スタッフ紹介> Coming Soon!

・川口(代表 / 獣医師 /スタッフマネージャー)

・S(動物看護師 / 犬と猫のリハビリ科)

・H(動物看護師 / 犬の美容師)

・三浦  (動物看護助手 / 犬の美容師)

f:id:ujk_vet:20170910223523j:plain

 

 

<当院のケアメニュー> Coming Soon!

・"その子らしさ" 尊重医療

・シニア飼い主様&動物さんサポート(訪問診療、在宅ケア支援、シニア特典)

・闘病中でも美しく 犬の医療トリミング

・犬と猫のリハビリテーション

 

<飼い主様とお約束> http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2017/06/07/073658

 

<3つの医療> http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2015/04/02/000000

 

<診療案内> http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2015/04/03/000000

 

<診療時間> 下記の診療時間を検討しています。(2017.9/3 現在)

f:id:ujk_vet:20170903235729j:plain

現在企画調整中のため、診療時間は変更になる可能性があります。ご了承ください。

 

<夜間診療について> http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2015/04/04/000000_1

 

<アクセス 駐車場> http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2015/04/04/000000

 

<火曜リラックスラウンジ> Coming Soon!

 

<スタッフ教育> 

クリニカルラダー http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2017/05/27/203613

Yes, and...  http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2016/08/10/000000

 

<虹の橋> http://ujk-vet.hatenablog.com/entry/2015/04/06/000000