飛鳥山動物病院 徒然日記

飛鳥山動物病院のスタッフブログです!

【文献紹介】同じ粘稠度の点眼なら、ヒアルロン酸添加の有無で角膜潰瘍の治癒に差は出ない?

Gronkiewicz KM., et al. 
"Effects of topical hyaluronic acid on corneal wound healing in dogs : a pilot study 

Vet Ophthalmol. 2017 Mart;20(2):123-130. 
 PMID:27061134


タイトル
ヒアルロン酸点眼が犬の角膜潰瘍治療に及ぼす影響

目的
   P:角膜に傷がある犬に
   E:ヒアルロン酸の点眼薬で治療すると
   C:
ヒアルロン酸を含まない点眼薬に比べて
   O:治り具合に差があるでしょうか?

調べ方:角膜に傷のある犬6頭を、A群とB群に分け、別々の目薬で治療します

     A群:ヒアルロン酸入りの点眼

     B群:ヒアルロン酸の入っていない点眼

    どちらの点眼薬も、とろみ(粘稠度)は同じです

    定期的に角膜を確認して、傷の大きさを測定し、

    角膜の傷を治しづらくする成分(MMP)が涙内にどれだけあるか測定しました

   
結果
:A群とB群で、傷の治る様子に差はありませんでした

推論
同じ粘稠度の点眼薬ならば、ヒアルロン酸が添加されていなくても

   治療効果に差がないのかもしれません

<原著>   
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27061134
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/vop.12379

<正式な翻訳 (アブストラクト)>

http://blog.livedoor.jp/asukayamaah/archives/8597748.html

 

<ちょっと脱線>

角膜についた傷を、角膜潰瘍といいます。

f:id:ujk_vet:20180416232407j:plain

角膜の傷を確認する検査としては、「フルオロセイン染色」が有名です。

写真(a)のように、潰瘍部分を黄色い島状に染めだしてくれます。

潰瘍が次第に改善すると、a→b→c→dといった経過で

しだいにしだいに、染色範囲と程度が減少していきます。

 

目に傷がついたかも…というときは、フルオロセイン染色も含め

しっかりと確認を行い、状態を把握することが大切です!

ご自身で判断してしまわずに、動物病院で診察してもらいましょう!

 

注意

本投稿の趣旨は「角膜潰瘍ヒアルロン酸点眼は意味がないよ」という意図ではありません。

文献著者の考察も「ヒアルロン酸と同じ治療効果が期待できる別の点眼があるかも!」というもので、

角膜潰瘍へのヒアルロン酸点眼自体を否定する内容ではありませんので、ご注意ください。