飛鳥山動物病院 徒然日記

2017年に開院予定の飛鳥山動物病院ブログです。

マダニウイルスについて

f:id:ujk_vet:20170729072833j:plain

 

【マダニウイルスについて】

 

2017年7月、TVニュースでショッキングな情報が公開されました。

「猫に噛まれた女性が、マダニウイルスにより死亡した」という内容です。

マダニウイルス 動物から初の感染例か 50代女性死亡 | NHKニュース

 

 

 

重症熱性血小板減少症候群( SFTS)を起こすウイルス、

通称「マダニウイルス」は、人が感染すると重症化し、

命を落とすこともある怖い病気です。

2013年1月に始めて国内で感染報告がされて以降、

これまでに266人が発症し、57人の方が亡くなっています。

 

今まで、SFTSウイルスは「マダニに咬まれて感染する」とされていました。

しかし、今回のニュース情報が正しければ

「感染猫に咬まれて、人が感染・死亡した」疑いがあります。

 

このようなニュースが流れれば、

みなさん、不安になると思います。

「今、家の猫に咬まれたら、命に関わるのだろうか?」と。

 

この疾患についての詳しい情報を、厚生労働省がQ&Aにまとめてくれています。

インターネット・TV番組の情報も、一部が錯綜しパニックの様相ですので、

詳細については、まずは下記厚生労働局URLにアクセスし、

ご自身で一度確認されることをおすすめいたします。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

 

上記2017年7/26現在の、厚生労働局の情報をまとめると…

①「感染猫の体液に直接触れれば、マダニを介さず、人へ感染するかもしれない」

②「しかし、元気な猫・屋内飼育猫から感染することは、まずない」

③「感染猫に咬まれると、本当に人へ伝染するのか不明 (違うかもしれない)」

とされています。

 

しかし、すこしでもご不安・ご心配な点がございましたら、

お近くの動物病院の先生にご相談なさってください。

 

今回のSFTS感染に関して、情報も日々新しく更新されています。

私たちも常に新しい情報に気を配るとともに、

皆様が不要なパニックに陥らないで済むよう、

適切な情報発信を努めてまいります。

 

また、詳しい情報が入り次第更新いたします。

獣医師 川口