飛鳥山動物病院 徒然日記

2017年に開院予定の飛鳥山動物病院ブログです。

クリニカルラダーによるスタッフ教育(病院HPより)

クリニカルラダーによるメディカルスタッフ教育

 

ラダー ladderとは「梯子」を意味します。

クリニカルラダーとは、医療技術の習得過程をいくつかの段階に分け、

その段ひとつずつを、梯子を登るように成長していくプログラムのことです。

 

このクリニカルラダーの理論は、

アメリカの看護学教授である、Patricia Benner先生が

1989年に提唱した看護師教育法に基づいています。

その系統だった技能習得過程のすばらしさから、

近年日本でも注目されはじめました。

 

しかし、日本看護協会(人間の医療)でも、

2016年5月に日本版クリニカルラダー概要が公表されたばかりで、

動物病院の教育現場においても、まだまだ活用はされていない状態です。

 

当院では、このクリニカルラダーの理論を参考に、

病院スタッフが段階的に成長していけるシステムを活用しています。

 

この理由は、

「勤務スタッフが、安心して成長していける場所を作ることは、

 生涯の仕事として、当院での小動物医療を選ぶことにつながり、

 年季と経験が豊富なスタッフが、安心して勤務していける病院こそ、

 飼い主様にとっても安心していただける現場となる」

という、強い思いからです。

 

ゆえに、当院では勤務スタッフを以下5ステージに段階分類し、

その段階毎に、適切な指導アドバイス・教育フォローを実践しています。 

 

<クリニカルラダーによるスキルアップステージ>

      Novice(初心者クラス)

★      Advanced (経験者クラス)

★ ★     Competent (チーフクラス)

★ ★ ★   Proficient (マネージャークラス)

★ ★ ★ ★ Expert (マイスタークラス)

 

Novice 初心者クラス

全くの未経験か、まだ実践的な技術・知識がないステージです。

研修生・実習生、就職して間もないスタッフが該当します。

病院理念・運営スタイル・院内業務・チーム連携などを学習し、

指導スタッフの立会いのもと、すべての基本を「見習い」する段階です。

 

Advanced 経験者クラス

業務実践における到達目標を合格したステージです。

マネージャースタッフと連携をとりながら、日常業務を実践できます。

教わったマニュアルに固執せず、これまでの経験と現場の状況を

総合的に理解し、適切な判断ができる段階のスタッフです。

 

Competent チーフクラス

ある一定以上の洗練された技術レベルを有し、

不測の事態に対応できる応用力を有したステージです。

仕事は、指示されずとも自律的・計画的にこなすことができ、

自分以外の周囲環境・スタッフに優先事項を働きかけることもできます。

また、自身の専門性を持ち、オリジナリティのある企画を発信することもできます。

(飼い主様向けレクチャー教室、院内の専門外来、院外での講義など)

 

Proficient マネージャークラス

院内の運営を管理できるステージです。

病院の理念や長期目標を踏まえ、スタッフメンバーを導くことができます。 

その場の一時的な視点にとらわれずに、問題の核心部分に焦点をあて、

重要か否か、即座に判断行動することができるレベルです。

 

Expert マイスタークラス

院内の業務すべてに精通し、管理運営ができるステージです。

状況を広く深い視野で理解し、エグゼクティブで責任のある判断で行動します。

振る舞いには卓越した経験と技術が伴い、すべてのスタッフの手本となれる存在です。 

 

飛鳥山動物病院

代表 川口 悠爾